【日本シリーズ】巨人・戸郷「内川さんの一本で気持ちが落ちてしまったのかな」

【日本シリーズ】巨人・戸郷「内川さんの一本で気持ちが落ちてしまったのかな」

 22日の日本シリーズ第3戦(東京ドーム)で巨人はソフトバンクに2―6で敗れ3連敗。崖っ縁に立たされた。4回から登板した巨人・戸郷翔征投手(19)はまさかの4失点。ロングリリーフを期待されながらも1回を持たずに降板した。

 高卒新人右腕は「いい流れで来てたんで、そこを止めてしまったのが一番の反省です」と振り返ったが、その“元凶”が一死後に打たれた内川の安打。勝負球を簡単に左前打され「引きずらずに投げようと思ってたんですけど、内川さんの一本の印象がでかかった。あそこは三振取れたと思っていたんで…あそこで気持ちが落ちてしまったのかなと思います」。若さと経験の差が、試合を大きく動かす結果となった。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る