【日本シリーズ】勝負を分けた4回の戸郷投入…ありすぎる力の差

【日本シリーズ】勝負を分けた4回の戸郷投入…ありすぎる力の差

【IDアナライザー 伊勢孝夫】巨人にチャンスがあるなら第3戦と思っていたが、場所を変えてもソフトバンクの優位は変わらなかった。

 勝負を分けたのは4回だ。巨人の原監督は3回途中で先発の新人左腕・高橋に見切りをつけ、2番手の鍵谷を挟んで2―2の4回からは高卒新人の戸郷をマウンドに送った。ここでミスが出た。戸郷は一死一、二塁からバンデンハークのバント処理で三塁へ悪送球。ショートバウンドではあったが、三塁手の岡本もしっかり捕ってあげないといけなかった。日ごろの練習が問われるところでルーキーの失敗をカバーできるようにならないといけない。その後の戸郷は二死満塁から柳田を警戒して押し出し四球、デスパイネには2点打を許してしまった。

 巨人は4点を追う展開で5回から澤村を投入したが、使うなら4回からいっても良かったのではないか? 第2戦で致命的な失策をした山本にしてもそうだが、原監督の用兵を見ていると、若手に日本シリーズの舞台を経験させているかのように感じられる。高橋と戸郷は打たれたが「来年に生かしてほしい」という気持ちが伝わってきた。

 言い方を換えれば、それくらい今のソフトバンクと巨人には力の差がある。救援陣などは球速が10キロくらい違うんじゃないか。ソフトバンクは左腕対策だろうが、調子のいい牧原を外して川島を1番で起用した。その川島が3回に四球で出塁してデスパイネの同点打の呼び水となり、好守も見せた。4回に川島の代打で登場した長谷川勇も決勝犠飛を放つなど、とにかく層が厚い。

 巨人はフェニックス・リーグでの登板から中6日でエース菅野を投げさせられず、亀井の2発を生かすことができなかった。このまま終わったら横綱同士のはずが、横綱と十両の対決のようになってしまう。巨人もセ・リーグのチャンピオンなんだから意地を見せないといけない。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る