中日のドラフト1位ルーキー・石川昂弥内野手(18=東邦)が「おかわり君」級の高評価に大張り切りだ。

 ナゴヤ球場で行われている新人合同自主トレではティー打撃やマシン打撃で規格外のスイングを披露し、見守るスカウト陣も大絶賛。特に好評なのが思いっ切り振り回すのではなく、バットでボールを運ぶようなスイングで、中田スカウトディレクターは「強く振ることは誰でもできるけど、きれいな軸回転でバットにボールをしっかり乗せる感覚で振っている。ある意味、一番難しい部分。そこまで力感を感じさせないのに飛距離が出るおかわり君(西武・中村)のようなスイング」とまで言う。

 通算6度の本塁打王を誇る中村は、力感のないスイングながら美しい放物線を描く、天性のホームランアーチストと称される。その中村にスイングが似ているとスカウト陣から直接言われた石川昂は「ああいう打撃ができればいいなと思っているので、うれしいです」と“おかわり2世”級の評価に満面の笑み。ボールをバットに乗せるようなスイングは「小学校のころからとか昔から自然とできていた。自分の特徴としてそれはあるのでボールを乗せる感じは小さいころからずっと意識してます」と胸を張る。

 中田スカウトディレクターは「飛距離を出そうと思ったら、中村のような運ぶ打ち方になる。ビシエドの打球は速くて強烈だけど、本塁打(昨季18本)がもうひとつというのは球離れが速いけど、ライナーでフェンス直撃になってしまうから。角度がつかないと本塁打にならない。石川は30本打てる可能性は十分ある」と太鼓判を押す。「竜のおかわり君」の将来が楽しみだ。