【共同通信杯(日曜=16日、東京芝1800メートル)注目馬12日最終追い切り:美浦】ビターエンダーは南ウッドで先週に引き続きエメラルファイト(古馬オープン)との併せ馬。ミナリク騎乗で6ハロンから3馬身ほど先行し、道中はテンポのいい走り。直線で内へ併せると、馬なりのままラスト1ハロン12・2秒で併入した(6ハロン82・9―38・4秒)。陣営は納得の追い切りを消化してニッコリだ。

 相沢調教師「動きは良かったね。併せた相手が来週の小倉大賞典を予定しているので1週前追い切りをしっかりやりたかった。それで時計も速く、やり過ぎたぐらいだけど、よく食い下がっていた。ジョッキーも“まだ手応えがあった”と言っていたよ」