日本ハムの城石憲之ファーム内野守備走塁コーチ(46)が12日、打撃練習中に、防球ネットのパイプに当たって跳ね返った打球を左ヒザに受けた衝撃で転倒。これにより顔面を強打、名護市内の病院に救急搬送されたことが球団を通じて発表された。

 同病院で精密検査を受けた結果、頭部に異常はなく、下顎部の打撲と診断され、今後は安静にして治療に努める。