サッカーの元ブラジル代表で「王様」と称される79歳のペレ氏について、ブラジルメディア「グローボ・エスプルチ」は息子のエジーニョ氏をインタビューし、健康問題を抱えてうつ状態で引きこもりとなっていることが明らかになった。自力で歩行できないため、外出するのを嫌がっているという。
 
 ペレ氏は股関節の手術を受けた後に体調を崩した。その後、適切なリハビリを受けられなかったことが大きく影響しているという。
 
 ここ最近は車いすに乗って公の場に姿を見せることが多くなっていた。エジーニョ氏は「恥ずかしがって、外に出たがらない。見られたくないんだ」と述べた。