カリスマはカリスマに学ぶ。移籍2年目のキャンプを送っている日本ハム・金子弌大投手(36)が、若手投手にアドバイスを送る指南役としてもチームを支えている。

 その実績と人柄から「変化球の握りやブルペンでの調整法などを教わりましたね」と話す選手もいれば「金子さんはただおしゃれなだけじゃなく、自分の世界観を持っているんですよ。純粋にかっこいいなと思いますね」と憧れを抱く選手もおり、カリスマ性をいかんなく発揮している。

 そんなベテラン右腕が自身の姿を重ね合わせるカリスマが「現代ホスト界の帝王」として人気を博しているROLAND(ローランド)だ。テレビ番組をきっかけに興味を持ったという金子は、昨年発売されたROLANDの名言集を購入。「自分をよく見せる、自分の魅力を相手に知ってもらうすべを知っているのかな、と」と独特のセンスに心を打たれたという。

「誰かと一緒じゃ目に留まらないし、何か新しいことを常にやるというイメージ。そうありたいというか、野球界で言えば、何か野球界が新しい取り組みをするときに、そこに自分も入っていたいというぐらいの感覚ですかね。何かがはやってから自分がそれに乗っかって、ていうのは好きじゃないので」

 常に先進的な考えを取り入れる金子はROLANDに負けず、プロ野球界のカリスマとして今季もチームを引っ張っていく決意を強くしている。