中止となったドバイ遠征から帰国後、ノーザンファーム天栄(福島県)で調整されていたアーモンドアイ(牝5・国枝)が30日に帰厩。この後はGIヴィクトリアマイル(5月17日=東京芝1600メートル)に向けて調整される。

 国枝調教師は今後について「無事に帰厩して、雰囲気や体つきなど気になるところはありません。3週間の着地検査を経てのタイミングとしてはギリギリのところで、(安田記念に出走した)昨年よりも10日近く早い帰厩だが、特に変わりはない状態。ドバイで競馬を使わなかったことがどう影響するかだけど、この馬に関しては普通にいければ大丈夫。日曜(3日)に軽く時計を出して、来週から本格的に調教を進めていく予定です」と話した。