配信されたWWE・NXT大会で、王座挑戦権を獲得した“暗黒の逸女”紫雷イオ(30)が“女王様”こと王者シャーロット・フレアー(34)とNXT女子王座戦で激突した。

 試合序盤、スピードで勝るイオは攻撃をよけながらドロップキックを放って「どうした。おら、こいよ!」とシャーロットを挑発すると、これにシャーロットはヘッドシザーズやクローズラインで応戦した。

 悲願の王座奪取を狙うイオはスプリングボード・ドロップキックや豪快な雪崩式フランケンシュタイナーを決めて勢いに乗ると、619から串刺しのダブルニーでとどめを狙うもカウント2。さらにムーンサルトを迎撃されたイオはコーナートップから場外へ2発目のムーンサルトを放つも、これをかわしたシャーロットがたまらず竹刀でイオを攻撃して反則裁定。イオは試合に勝利したものの王座奪取を逃す結果となってしまう。

 試合後もシャーロットがイオの左ヒザをポストに叩き付けて襲撃すると、今度は前NXT女子王者リア・リプリー(23)が姿を現してシャーロットを強襲。これにイオは「何しに来たんだ。邪魔するんじゃねえよ」と罵倒するとバックステージでリアとつかみ合いの大喧嘩となった。