【コロナに負けるな!有名人の緊急事態宣言】新型コロナウイルスの感染拡大は、格闘技界にも大きな影を落としている。国内外で多くのイベントが中止や延期を余儀なくされる中で、活躍の場を失った選手たちは何を思うのか? 女子格闘技人気をけん引してきたシュートボクシング(SB)のRENA(28)も、逆境に立ち向かうファイターの一人だ。SBの“絶対女王”は自身の現状を告白した上で「ステイホームとトレーニングの両立」や「自粛明け後の展望」について大いに語った。

 皆さん、お久しぶりです。SBのRENAです。コロナウイルスの感染拡大を防ぐために自粛は絶対必要ですが、生活で制限されることも多くて本当に大変ですね。誰も経験したことのない事態になって、簡単なことじゃないけど、早く終息してほしいです。

 私は今、基本的に「自主トレ」という形でランニングをしたり、休館中で誰もいない浅草のシーザージムで一人、サンドバッグを打ったり、マットで基本練習をやったり、家で軽い筋トレをしたりという感じです。

 気休めですけど、家にエアロバイクも買いました。テレビを見ながら好きな時間にできるので使い勝手はいいです(笑い)。ただ対人の練習ができないので、ジムが再開した時にどうなっているか…。でもみんな同じ条件なので、終息してからガンガン上げていけばいいかなと思っています。

 皆さん同様、私も全く家を出ない日がかなり増えました。そんな時はよく、昔の試合映像を見たりしています。あんまり見てると試合をしたくなっちゃうから、ほどほどにですけど。特に古い試合の映像を見るのが面白くて、当時のことを思い出したりして自分研究を楽しんでます。

 気づいたらMMA(総合格闘技)は14戦、立ち技の試合も合わせたら50戦くらいしてるんだなーとちょっと感慨深くなったりして(笑い)。

 過去の映像を見ることで、いろいろなヒントにもなります。「昔はここが苦手だったけど、今はできるようになってきてるな」とか「ここはやっぱり昔から苦手なんだな」とか。成果と課題が浮き彫りになることで、今後に生かせると思います。あとは体を動かせない分、どうしてもいろいろこれからのことも考えてしまいますね。

 RIZINでもSBでも、今は男子選手の勢いがすごいので、女子の勢いを消されないようにしないといけないなと思ったり。正直、今の男子の戦いは、選手もそれぞれ輝いていて、私から見てても面白いですもん。格闘技全体で言えばいい傾向なのかもしれないですけど、一選手としては正直悔しいですね。

 コロナの問題が収まったらRIZIN、SBで試合をしたいのはもちろん、海外にもチャレンジしていきたい。(RIZINの榊原信行CEOが提唱する)夏のメガイベントも、一選手として必要とされるならぜひ出場したいです。

 もしこのコロナ禍がなければ、今年はもう一回駆け上がっていく年にしたかったんです。昨年大みそかにリンジー・ヴァンザント選手(26=米国)にリベンジして、また今年の年末に向けて試合を重ねていきたかった。でも、もう切り替わっています。コロナが終息したら、また頑張って上がっていきますよ。

 ステイホームでお勧めの過ごし方? この機会に今までできなかったことをまとめてやってみてはどうですか。私の場合は海外ドラマを一気に見たり、漫画を大人買いして朝まで読んだりしてます。(人気漫画の)「鬼滅の刃」を19巻まで一気読みした時は気持ちよかったー(笑い)。アニメも2日で見終わりました。まだ見てない方がいたら、お勧めですよ。

 それと、できる範囲で構わないから体を動かすといいと思います。毎日しっかりストレッチするだけでも、太りにくい体になりますよ。そういえばアンディ・サワー選手(37=オランダ)が自宅でできるトレーニングのアプリを始めたらしいので、ぜひ参考にしてみてください。私も今、そういう企画をいろいろとしていただいているので、その際はよろしくお願いします。あとは、この機会に過去のRIZINやSBの試合映像を見て、好きな選手なんかを探してもらえたらうれしいです。

 最後に…今はどんなに大変でもやまない雨はありません! それまでみんなでステイホームを心掛けてこの難局を乗り越えましょう。そしてまた最高の笑顔で会いましょうね!

【RENAも参考にするサワーのトレーニングアプリ】SBの“生ける伝説”SB世界スーパーウエルター級王者アンディ・サワーは、4月からスマートフォン用アプリ「アンディ・サワー・キックボクシング・ユニバーシティー」をスタート。自宅でできる打撃トレーニングメニューで構成されており、初心者、中級者、エキスパート向けとレベルに応じたテクニックを披露している。サワーは「私はいつも第2の故郷、日本のみんなの健康と安全を願っています。オランダに住んでいる私も元気です。変わらずポジティブな気持ちで生活しています。最適なトレーニング方法、戦うメンタルのつくり方、テクニック、戦術など、こんな時期なので映像でチャンピオンになる秘訣を伝授します。カテゴリーも増やしていくので、必ず満足するはずです」とコメント。トップ中のプロから学べる絶好の機会になりそうだ。

☆レーナ 本名・久保田玲奈。1991年6月29日生まれ。大阪市出身。SB世界女子フライ級王者でSBのプレーイングマネジャーを務める。小学6年生からSBを始めて2007年にプロデビュー。デビュー戦は黒星ながらその後勝利を重ね「Girls S−cup」世界トーナメントを4回制覇(09、10、12、14年)。SBの戦績は41戦35勝(11KO)5敗1分け。15年大みそかのRIZINでデビューを果たしたMMAの戦績は14戦10勝4敗。160センチ、55キロ。