“黒のカリスマ”蝶野正洋(56)が10日、都内で「蝶野正洋35周年フォーラム〜新型コロナウイルス感染予防啓発〜」を無観客で開催した。

 当初は観客を入れたイベントとして開催予定だったが、コロナ禍により断念。自身のユーチューブ公式チャンネルで新型コロナ感染予防と地域防災、AED救急救命の啓発を呼びかける映像を後日配信する形式が取られた。

 マスコミ向けの囲み取材には、対談を行った“革命戦士”長州力(68)もアベノマスク姿で登場。サイズが全く合っていないことを蝶野に突っ込まれると「これは家内のヤツ。オレのは干してる」と笑顔で切り返した。昨年6月にラストマッチを行ってから約1年。「マスターズ」参戦という黒いささやきには「行きますよ」とジョークを飛ばした。

 その長州に「まだちゃんとリング下りてないよな」と聞かれた蝶野は「単に引退式やってないだけですよ。分からないようにしてます」と返答。「最後はきちんと下りたほうがいいよ」というアドバイスにも「きちんとしなくていいです」と黒い苦笑いを浮かべた。