【サッカー情報局】サッカー担当記者 新型コロナウイルスの影響による中断から公式戦再開を目指す欧州で“大逆風”が吹いています。

 デスク でも、ドイツが16日から先陣を切って再開する予定だよな。

 記者 そうですが、ドイツ2部ドレスデンで2選手の陽性が判明したんです。17日に日本代表MF原口元気(29)が所属するハノーバーと対戦予定でしたが、ドレスデン側は「今後14日間は練習も試合もできない」と選手や関係者全員の隔離を決め、ハノーバー戦が延期となりました。

 デスク 今後さらに感染者が出てきたら、再開日程にも影響が出るの?

 記者 イタリアでは日本代表DF吉田麻也(31)が所属するサンプドリアで4選手への感染が確認され、フィオレンティナで選手3人とスタッフ3人、トリノでも選手1人と感染者が続出していて再開に悲観的な見方が広がっています。

 デスク スペインでは日本代表MF久保建英(18)のいるマジョルカなどが9日から練習を再開したよな。

 記者 各クラブへリーグ側から6月20日の再開方針が示されていますが…ベティスで3選手に陽性反応が出たのをはじめ、アトレチコ・マドリードなど強豪クラブでも感染者が出ています。

 デスク やばいな、それは。イングランド・プレミアリーグは?

 記者 選手の移動を最小限にとどめるため中立地開催が検討されていますが、6クラブが反対を表明しました。この案が実現できなければ打ち切りとの見方もありますし、そもそも英国では新規の感染者数や死亡者数が他国と比べ依然として多いため、再開は厳しいかもしれません。

 デスク 欧州サッカー全体の再スタートには、まだまだハードルが高そうだな。