日本ラグビー協会は26日、来夏に延期された東京五輪を目指す7人制男子日本代表候補のトレーニングメンバー28人を発表した。
 新型コロナウイルス感染拡大で、3月中旬の活動ストップから初の練習となる。6月29日〜7月18日の日程で全国5か所(北海道、東京、名古屋、大阪、福岡)に分かれ行い、各選手は週に1回程度、少人数でのトレーニングに取り組む。

 藤田慶和(26=パナソニック)や松井千士(25=サントリー)ら東京での参加者が最多の16人となった。

 医師への道を優先し、7人制日本代表を引退した福岡堅樹(27=パナソニック)は参加しない。