【球界平成裏面史(61) 近鉄編(2)】平成14年(2002年)オフ、球界は移籍市場が活発だった。当時、巨人の4番だった松井秀喜(現ヤンキースGM特別アドバイザー)がメジャー挑戦を表明。その穴を埋めようと、巨人が最初に近鉄・中村紀洋の獲得に名乗りを上げた。さらに、チーム改革を模索していた阪神も参戦。移籍を前提にFA宣言した中村紀の動向に注目が集まる中、数々のドラマが生まれていくことになる。

 未来を知る今なら、中村紀が近鉄に残留した結果を知っている。だが当時、そうなる確率は非常に低かった。そんな中、最初に可能性が消えたのが巨人だった。

 1回目の交渉で4年30億円とも5年50億円とも言われたオファーをしつつ、前ヤクルト・ペタジーニとの交渉を並行。当時の渡辺恒雄オーナーは中村紀について「金髪を黒く」と発言したかと思うと「金髪なんてさまつな問題」と黙認姿勢を示すなどブレブレだった。

 程なくしてペタジーニの巨人入りが固まると、渡辺オーナーは「土下座してまで来てもらわなくていい」と豹変。

 11月25日に行われた2度目の交渉が決裂すると「モヒカン、金髪はいらん。現場が欲しがるから黙ってた。本音を言えばああいうタイプの人間はいらん。いなくても勝つ(実際はリーグ3位でV逸)」と言いたい放題だった。

 巨人からは実際、11月中の結論をせかされていた。だが、中村紀の元には予想していなかった米大リーグ・メッツからのオファーも届いていた。

「当時の自分はメジャーでの野球を想像すらできなかった。ただ、そこにメッツから話がきた。そんなオファーくるんだなと、正直思った。メジャー初の日本人内野手ということだったので、挑戦してみたい気持ちになった」

 この時点で中村紀の心は半分以上、ニューヨークだった。前年には同い年のイチローが海を渡り、旋風を巻き起こしていた。自分もやってやろう。水面下で海外移籍にかじを切ろうとしている中、世間は中村紀に熟考する時間など与えてくれなかった。

 特に地元関西では「阪神を選ばんなら、はよ返事せんかい」という空気が漂っていた。自宅には大勢の取材陣が押し寄せた。メッツとの交渉を進めつつ近鉄、阪神とも席を設け「お断り」の返事をする段取りをしていた。

 そんな中、12月後半に差しかかるころテレビでニュースが報じられた。700万ドルの2年契約プラス3年目のオプション600万ドルでメッツと契約合意。メッツの公式HPにもこの内容が掲載された。近鉄、阪神にお断りを入れるまで公表しないという約束をしたはずだった。

 当時の星野監督から何度も携帯電話に着信が入った。「どないなっとんや。まだ話聞いとらんぞ」。中村紀はメッツに裏切られたと感じた。阪神は中村紀に裏切られたと感じただろう。事実は一つだが、感じ方は立場によって違う。「それでもどうしても必要なんだ」と粘り続けた近鉄・梨田監督の元に残るという結論に収まった。

 複雑に絡んだ糸がほつれたまま軟着陸。「もう正直、そっとしていてほしかった」と28歳の青年、中村紀は疲れ果てていた。メッツ移籍なら日本人初の内野手。誰も歩いたことのない道を歩くはずだった。ただ、それもなくなってしまった未来。これだけでも激動だが、近鉄も中村紀も、さらに激動の平成球界の渦中に巻き込まれていく。