西武が27日のソフトバンク戦(メットライフ)に得意の〝併せ馬方式〟で8―7の逆転勝利。このカードを3勝2敗とし、通算4勝4敗の5割に戻した。

 展開は先発が序盤に失点し相手に先行を許す典型的な「西武スタイル」でのスタート。先発・松本が初回に柳田、2回に栗原にそれぞれ2ランを浴び3回にも3点…合計7点を失う他球団なら完全な負けパターンだった。

 しかし、こんな光景が日常となっている西武ナインは慣れたもので、2回に中村の1号2ランで反撃を開始すると、3回には外崎の中越え2点適時三塁打などで3点を加え、あれよあれよという間に5―7と2馬身、いや2点差に接近。長打一発で終盤逆転の〝ゴール前ちょい差し〟の展開に持ち込む。

 そして7回、前日の試合で2発を放ちながら自らの痛恨失策を木村の満塁弾に助けてもらった山川が、2試合連発となる4号逆転の〝謝罪3ラン〟をセンターバックスクリーンに放ち2試合連続の差し切り勝ちを決めた。

 試合後、山川は「(手応えは)打った瞬間行くと思いました。点差が離れていても関係ないというか、自分の打席に集中していた。四球も選べているので打つ時と我慢する時のメリハリをつけたいと思います」と前日の守備ミスを取り返す値千金の謝罪弾にホッとした表情だった。

 辻監督は「昨日に引き続きというところ。いきなり(松本が)2点、2点、3点と取られてマズイと思ったが2点差になって、このまま行ってくれればと思った。あと1点をどっちが取るかが勝負の分かれ目だなと思っていた。その後を(4人の)中継ぎ陣がよく(無失点で)頑張ってくれた。(山川の逆転3ランは)そこに行くまでの打者がよくつないでくれた」とコメント。

 3回7失点KOの先発・松本の後を宮川―平良―小川―ギャレットの中継ぎ陣が粘り試合を立て直し、守護神・増田につないだ無失点継投、そして7回の逆転機でキッチリ源田、外崎は安打で出塁し山川に逆転弾のお膳立てを整えた打線のつなぎに敬意を評した。

 もちろん、先発の仕事を果たせなかった松本には「本当は5点目が入ったところで代えようと思っていた。4点までだったら何とかと思っていたけど、明日もう1試合あるので宮川も使いたくなかったのでもう少しピリッとしろ」とベンチで苦言を呈すことも忘れなかった。

 ともあれ、先発が序盤に大量7失点しても勝機ありの西武〝併せ馬打線〟の末脚は今季も健在だ。