広島・堂林翔太内野手(28)の勢いが止まらない。28日の中日戦(ナゴヤドーム)で「7番・左翼」で2試合ぶりに先発出場すると、3回の第2打席に中日先発・梅津の直球を捉えて右中間への二塁打をマーク。さらに、周囲を驚かせたのは5回に迎えた一死一塁の場面だ。内角のフォークを捉えた打球は平凡なフライかと思われたが、そのままグングン伸びてバックスクリーン右に飛び込む2号2ランとなった。

 初勝利を目指すドラフト1位・森下を援護する一発を「後ろにつなぐ気持ちでしっかり振り抜くことができました。よく入ってくれましたね」と振り返った堂林。今季は6年ぶりに開幕スタメンを果たし好調を維持している。