巨人の〝ダイナマイト慎吾〟こと石川慎吾外野手(27)が待望の今季1号3ランを放った。

 ヤクルト戦(28日、神宮)で大量リードの9回二死一、二塁で代打で登場。中沢の136キロ直球を左翼席中段まで運んだ。

 ダメ押し弾に「甘いボールをしっかりと仕留めることができた」と振り返った石川は破顔一笑。「日頃から『代打は一球で仕留められるようにしないといけない』と亀井師匠から教えていただいているので、その一点に集中して、実行できた結果だと思います」と先輩に感謝していた。