ゴルフの国内女子ツアー今季初戦「アース・モンダミンカップ」最終日(29日、千葉・カメリアヒルズCC=パー72)、畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は3バーディー、3ボギーと1ダブルボギーの74とスコアを落とし、通算2アンダーの38位。「今日こそビッグスコアを出して上位に絡みたかった」との目標は達成できなかった。

 首位と7打差の17位から出たこの日は1番パー5でバーディー発進しながら2番パー4でダブルボギー。3、5番でもボギーを叩く内容に「練習でやっていることが、なかなか試合になるとできなくなったりする」と不満顔。

 それでも1月に出た米女子ツアー以来、久々に試合ができたことに「この状況の中でアース(製薬)さんが試合を開催していただいたのには選手にとってもありがたいこと」と感謝の言葉を述べていた。

 主戦場とする米女子ツアーは、7月末から無観客での開催が発表されているものの、確実に開催されるかは不透明。そのため「この試合が終わったら渡米するかなと思っていたけど(米国の感染)状況が悪くなってきているので、7月に入ってからLPGA(米女子ツアー)から連絡が来ると思うので、それを聞いてからにしようと思います」と現状を説明していた。