“J女”たちが熱いメッセージ―−。新型コロナウイルスの影響による中断から約4か月ぶりに再開する明治安田生命J1。注目のカードは浦和―横浜M戦(4日、埼スタ)だ。両クラブを支える美女たちも、前哨戦で“激突”。タレントのわちみなみ(25)は国内屈指の人気チーム・浦和の魅力を猛アピールした。

 浦和の応援番組「REDS TV GGR」(テレ玉で毎週金曜午後11時〜11時30分、再放送は毎週土曜午前7時30分〜8時)で2019年1月から番組アシスタントを務めるのが、わち。約1年半の取材活動で選手が見せる意外な一面にひかれたという。

「GK西川(周作)選手(34)は、私が(キャラクターの)しろたんが好きなんですけど『僕も持ってます』と言って、ぬいぐるみを見せてくれました」。また、所属するホリプロの先輩になるDF槙野智章(33)は「おちゃらけたキャラで空気づくりを積極的にやるけど、裏で努力している。チームをまとめる力があって、キャンプでも練習後に後輩を呼んでトレーニングをしていました。伝える力も兼ね備えていて人間として尊敬しています」と憧れの存在だ。

 新型コロナウイルスによる中断期間には「番組で過去の試合を流す企画があって歴史を知る機会になった。OBの方の取材もあったので、絆が強いことを再確認した」と名門の伝統を改めて実感したという。

 昨季14位のチームは再開初戦でJリーグ王者をホームに迎える。「(戦術など)つくってきたものを見せてもらいながら勝ってほしい。優勝してほしい。期待? FWレオナルド選手(23)。軽々とゴールを決める感じがワクワクします」と新助っ人を猛プッシュ。再開に向けて「選手やサポーターも含めサッカー界全体で頑張っていきましょう」と呼びかけた。

☆わち・みなみ 1995年1月7日生まれ。福岡県出身。明治大在学時の2017年に週刊ヤングマガジンでグラビアデビューし、Hカップの美乳を武器に3本のDVDをリリース。昨年2月発売のファースト写真集「わちゅらる」は南国のタイで撮影され、才色兼備なスーパーボディーが話題を集めた。19年1月に「REDS TV GGR」の14代目番組アシスタントに就任。