阪神・大山悠輔内野手(25)が1日の中日戦(ナゴヤドーム)の7回から中堅の守備に就いた。

 これまで左翼を守ることはあったものの、中堅はプロ入り4年目で初。この日はベンチスタートだったが、4点のビハインドの7回から小川に代わって途中出場。代わりばなでいきなり平田の中前打が飛んだが無難にさばいた。本職は三塁だが、今季はマルテの起用が続いている。新境地の開拓で出場機会を増やしたいところだ。