他球団と歩調を合わせる形で阪神も21日から、本拠地甲子園球場への観客参加人数制限を従来の「5000人」から緩和。22日のDeNA戦には1万1307人が集結し、6―3の快勝劇に酔いしれた。

 だが、ここで一つ疑問が…。なぜ、阪神の設定した入場者数は他球団よりも少ないのだろうか。

 4万6000人が収容できる巨人の本拠地・東京ドームでは、上限の目安が1万9000人に設定され、3万2000人弱しか入らないヤクルトの本拠地・神宮球場ですら1万4500人だ。それなのに12球団最大規模のマンモス球場・甲子園(4万7000人前後)は「約1万人」と、控えめな数字となっている。

 これについて関係者は「阪神は3月に(一部選手らの新型コロナウイルス感染などで)球界を騒がせてしまった。それだけに、どの球団よりも感染予防策に万全を期す必要がある。今は(球場への)分散入場や時差退場などのノウハウを蓄積するための〝お試し期間〟」と説明する。球団は10月から観客収容数を2万人程度へと大きく引き上げる予定だが、現時点では徹底的な感染予防策の〝シミュレーション〟を練っているとのことだ。

 熱狂的な応援で知られる阪神ファンの存在も悩みの種かもしれない。実際、22日の試合でも大声でチャンステーマを熱唱したり、得点時にハイタッチを繰り返したりする姿が観客席のあちらこちらで見られた。球場スタッフも「対応に苦慮している」と苦しい心境を明かす。

 球界全体が徐々に日常を取り戻しつつある今だからこそ、油断は禁物だ。