J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が25日にオンラインで取材に応じ、23日の川崎戦でJ1最年長出場記録を更新したカズことFW三浦知良(53)の継続起用の方針を示した。

 今後の起用について指揮官は「可能性は十分あると思う。ただ休んでいた選手もいて、試合のスケジュールもある。チャンスは当然あるが、今ここで明言するのは難しい。ケガ人が出たりコンディションが悪くなる選手も出てくるので、その中で見極めてやっていきたい」とチーム状況に応じて起用していく考えを示した。

 川崎戦ではカズに加え、MF中村俊輔(42)、MF松井大輔(39)という元日本代表のレジェンドが揃って先発し、年齢を足して〝134歳トリオ〟と話題を呼んだ。

 大ベテランらしく強敵相手に堂々のプレーを見せ「足して134歳の年齢のパフォーマンスではない。年齢から考えたありえない。僕が今48歳だが、そんなことできると思えない。ああやってプレーすること自体がすばらしい」と3人のプレーを高評価。そして「日々の節制やトレーニングに対する準備は、3人とも人一倍気を使ってケアしているので、そういったことが試合に出る。本当に頭が下がる」とレジェンドたちのストイックな姿勢に最敬礼だ。

 存在感を放つレジェンドたちが後半戦のカギとなりそうだ。