【全日本】秋山社長が他マット侵攻に大号令 大日本&ノアと本格抗争だ!

 全日本プロレスの秋山準社長(49)が、ノアとの本格抗争に「ゴーサイン」を出した。17日の東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」授賞式で諏訪魔(42)と石川修司(43)の「暴走大巨人」が、ノアの丸藤正道(39)、清宮海斗(22)と遭遇したのを機に機運が高まっていた。ひと足先に開戦した大日本プロレスとの戦いも含め、今年の全日プロは積極外交を仕掛ける。

 2年連続最優秀タッグ賞に輝いた暴走大巨人は、殊勲賞の丸藤、そして敢闘賞の清宮と授賞式で顔を合わせた。その席で諏訪魔は「刺激って一度覚えると、もっと激しいものを求めるのが当然だよな。(ノア参戦は)魅力的だし刺激的だよね」と語り、これに石川も同調した。

 昨年は丸藤が全日プロ春の祭典「チャンピオン・カーニバル」に参戦し、秋山も丸藤の20周年興行に出場するなど交流があった。それ以降は接点がなく、今回は明らかに暴走大巨人のフライング。だが秋山社長は「何も問題ないです」と口にし、こう続けた。

「だって上にいるのが俺だよ? 今まで散々、好きにやってきた人間が、下のヤツが『外に打って出たい』というのを『ダメだ』って言うわけないじゃない。一番大切なのは全日本のスケジュールだけど、それ以外は国、団体の区別なく行きたいと思えば行けばいい」

 ノア所属時代、秋山は自ら動き、当時は交流がなかった新日本プロレスとの扉を開いた。その結果、2002年1月4日の新日プロ東京ドーム大会で永田裕志とのGHCヘビー級王座戦を実現させた。

 だからこそ、むしろ諏訪魔の背中を押す形で「ウチが拒むことはないですよ。もし発展しなかったら、それはウチではなく、あちらの問題。それはハッキリ言っておきますよ」と語り、方舟勢をけん制した。

 ノアだけではない。暴走大巨人が関本大介(37)、岡林裕二(36)組に敗れ世界タッグ王座が流出したことで、大日本との戦いも始まっている。2月7日の東京・後楽園ホール大会ではアジアタッグ王者の野村直矢(25)、青柳優馬(23)組に大日本の河上隆一(30)、菊田一美(32)組が挑戦してくる。

 青柳が激しい挑発合戦をする状況を見て秋山は「口では言うだけ言って、いざとなったら普通の試合ではダメだよね。対抗戦らしい戦いでファンの想像以上のものを見せないといけない」とゲキを飛ばした。


 社長自ら大号令を発した全日プロが、いよいよ他団体侵攻を開始する。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索