【WWE】ナオミ1分で完敗「不倫疑惑抗争」は不透明な結果に…

【カンザス州ウィチタ22日(日本時間23日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会で「不倫疑惑抗争」決着戦が行われるも、不透明な結果に終わった。

 次回PPV大会「ロイヤルランブル(RR)」(27日、アリゾナ州フェニックス)女子RR戦で最大の火種となりそうなのが「不倫疑惑抗争」中のビキニ悪女マンディ・ローズ(27)と、夫を誘惑され続けてノイローゼ状態に陥ったナオミ(31)の遺恨劇だ。

 RR戦を5日後に控え、この日はようやくシングル戦が実現。相変わらず際どいコスチュームの悪女は仲間のソーニャ・デビル(24)を帯同してきたが、夫を信じきれないのか、ナオミは単独でリングイン。案の定、ナオミがエプロンに立つとソーニャがリング外から足を引っ張り、すかさずマンディがコーナーにナオミの顔面を叩きつけて強引にフォールを奪った。

 元SD女子王者の面影はなく、1分足らずで完敗を喫したナオミはただ涙にくれるのみ…。ここで問題の夫、ジミー・ウーソ(33)がようやく駆けつけて敗れた愛妻をなぐさめる。ナオミは夫の胸に顔を埋めたが、その動きはぎこちない。先々週はステージからバスローブ姿で誘惑され、先週大会では昆虫網よりミエミエの「ハニートラップ」にまんまと引っ掛かった引け目もあったかもしれないが、ジミーも男なら最初からセコンドに付くべきだった。それとも本当は裏ではマンディと通じているのか…。様々なドロドロした遺恨を残したまま、女子RR戦はいよいよ5日後ゴングが鳴らされる。とにかくすべてをハッキリさせていただきたい。

 SDからのRR戦出場メンバーは現時点でマンディ、ナオミ、ソーニャのほか、シャーロット・フレアー、カーメラ、ゼリーナ・ベガ、アイコニックス(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)、ラナの9選手が決まっている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索