【WWE】“毒蛇”オートン「ロイヤルランブル戦」出場が電撃決定

【カンザス州ウィチタ22日(日本時間23日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ“毒蛇”ランディ・オートン(38)の「ロイヤルランブル(RR)」(27日、アリゾナ州フェニックス)出場が電撃決定した。

 この日のメインでは一時オートンと抗争を続けていたレイ・ミステリオが、アンドラデ(29)とのメキシカン対決(時間無制限3本勝負)に臨んだ。いずれも30選手参加のRR戦が決まっており、白熱の空中戦を展開した。1対1のタイで迎えた3本目、ミステリオが必殺の619を決めた直後だ、セミでムスタファ・アリ(32)をコキーナクラッチで絞殺したサモア・ジョー(39)が乱入。エプロンにパワーボムで叩きつける暴挙に出た。

 波乱は続く。ジョーはアンドラデにも一撃を見舞うと、ミステリオもコキーナクラッチで絞め落としてしまう。大ブーイングの中、「他の29人を蹴散らして優勝するのはこの俺だ!」と絶叫するや、何と背後からトップスピードでオートンがリングイン。ズバリのタイミングでRKOを見舞って、悪のサモア人をKOしてまった。

 ここまでRR戦出場を明言していなかった毒蛇だが、コーナーに上がってお得意のポーズを決めると参戦の意思を表示した。これでSDからはオートン、ジョー、ミステリオ、アンドラデ、アリ、ジェフ・ハーディー、Rトゥルース、ニュー・デイ(ビッグE、コフィ・キングストン、エグザビアー・ウッズ)ら10選手の出場が決定。大会終了時点でロウ9選手にフリー枠のジョン・シナを加えて20選手が確定した。しかし大会5日前で10人の枠を残しており、まだまだ波乱は続きそうだ。

「ロイヤルランブル」は日本時間28日、WWEネットワークでライブ配信(日本語実況つき)で配信される。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索