【リアルジャパン】大鵬の孫・納谷幸男 9・14プロレスデビュー

 初代タイガーマスク(59=佐山聡)率いるリアルジャパンは4日、都内の本部で会見し元横綱・大鵬(享年72)の孫で元大関・貴闘力(49)の長男・納谷幸男(22)が9・14後楽園ホール大会でデビューすることを発表した。

 納谷は身長197センチ、体重130キロの巨体でありながら「強い足腰と柔らかい上体を併せ持っている。こういう選手はめったにいない。プロレスラーで言えばマスクド・スーパースターのような選手になれるのではないか」と初代虎も絶賛する身体能力の持ち主だ。

 大きな可能性を秘める恵まれた体を祖父と父から受け継いだ納谷は、デビューに向けた意気込みを問われ「今は大鵬の孫、貴闘力の息子として注目してもらっていると思うが、いずれは“レスラー・納谷幸男”として評価してもらえる選手になるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 大型新人がデビューするとあって初代虎が寄せる期待も大きい。近日中に特訓を行う予定があることも明かした上で「新しい技を伝授するつもりです。名前は『ファイブ・ストリーズ・ホールド』と『アルバトロス』という技。合宿を行うのでそこで教える」と話した。初代虎が考案している新必殺技とは一体なんなのか…。答えは9月14日を待つほかない。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索