【WWE】中邑世界王座奪取へ追い風

【カナダ・トロント8日(日本時間9日)発】WWEのスマックダウン大会が行われ、真夏の祭典「サマースラム」(20日、ニューヨーク州ブルックリン)でWWE世界王座に初挑戦する“ロックスター”中邑真輔(37)に追い風が吹いた。

 中邑は先週の大会でジョン・シナ(40)との挑戦者決定戦を制し、王者の“インドの怪人”ジンダー・マハル(31)への挑戦を決めた。この日はルネ・ヤングのインタビューを受け「シナに勝った気持ちは説明できない。WWEの“ザ・マン”と同じリングに立ったんだ。WWEに入って、ずっと世界最強の選手と戦いたいと思っていた」と熱っぽく語った。

 初挑戦については「大チャンスではなく、これは運命。マハラジャを倒し、サマースラムで俺は世界王者になる。“中邑王朝”の始まりだ!」とアーティストらしい表現で政権交代を誓った。

 大会冒頭ではシナから「中邑はハードヒットで強かった。皆が歌って声援を送る理由が分かったよ」と称賛された。メーンでは、7・23「バトルグラウンド」の竹檻マッチでマハルの策略に屈したランディ・オートン(37)がRKOでリベンジに成功。ノンタイトル戦ながら王者が敗れる波乱も起きた。中邑はバックステージからこの一戦に熱視線を送ったが、王座奪取の可能性が広がったのは間違いない。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索