【スターダム】ジャングル叫女 アフリカで血だらけバレーボール

【スターダム】ジャングル叫女 アフリカで血だらけバレーボール

【東京プロレス娘のスイーツトーク】じゃんじゃん投げてグルグル回せ、密林パワー全開! ジャングるってる女「スターダム」のジャングル叫女(きょうな)です!

 今回は大学を卒業した後にアフリカのセネガルという国に2年間、青年海外協力隊の体育教師として派遣された時の話をします。この国は1年のうち9か月間は雨が一滴も降らず、最高気温は50度の灼熱地獄。大地は植物が育たないため砂漠化しています。太陽が昇る時間帯に外にいるのは自殺行為で、一番暑くなる時間帯はみんな一度家に帰り、のぼせたようにお昼寝。家にクーラーはなく、ただただ軒下でじっとしていました。

 こういった環境もあって小学校のカリキュラムに組み込まれているにもかかわらず、体育の授業は行われていませんでした。そんな先生たちをやる気にさせて体育の授業を普及させるのがジャン叫の活動です。現地の先生からしたら、私は日本から来た暑苦しい熱血教師。冷ややかな目で見られることもたくさんあったな。
 どんなに促しても、やっぱり暑さに負けてしまう。あまりの先生たちのやる気のなさに、ついに私も小学校での活動は挫折。なので生徒自ら自主的にやっている中学校の部活動コーチに力を入れました。

 体育館はないので砂漠のような校庭でバレーボールを教えていました。しかし、これがまた過酷で…。アフリカ特有の植物なのか分かりませんが、ボールが下に落ちるたびに乾いたイガイガの実がボールに刺さるんです。そのボールをトスするたび、手のひらや腕が傷だらけに…。血だらけのスポーツと化してました。それでも好きなことを学ぼうとする姿勢、輝く目は万国共通! スポーツは言語を超える! 改めて気づかせてくれました。ここで経験したかけがえのない日々は、今となっては宝物です。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索