硬膜下血腫の柴田勝頼が両国来場 リングで受け身取り「生きてます!」

硬膜下血腫の柴田勝頼が両国来場 リングで受け身取り「生きてます!」

 硬膜下血腫で欠場中の柴田勝頼(37)が13日、新日本プロレス・両国国技館大会に来場し、ファンにあいさつした。

 柴田は4月の両国大会でオカダ・カズチカに挑戦したIWGPヘビー級選手権の試合後に倒れ、救急車で搬送され緊急手術。その後は治療に専念し、この日、欠場後初めて公の場に姿を現した。

 リング上で受け身を取り、感慨深そうな表情を浮かべると、マイクを持って「生きてます! 以上!」。会場からは大きな「柴田」コールが起きた。

 バックステージで取材に応じた柴田は「大丈夫かと聞かれると、どう答えていいのか分からないんですけど、生きてます。春の両国で(退場中に)倒れてしまったので、今日は自分の足で控室に帰ります。前を向いて、一歩一歩、時間はかかると思いますが、やれることをやって最善を尽くしたいと思います」とキッパリ。慎重に言葉を選びながらも、ザ・レスラーとして負傷と戦い続ける覚悟と闘志を明かした。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索