【超花火】大仁田が長与に激勝 試合後は「電流爆破」の未来託す

 邪道・大仁田厚(59)13日、超花火プロレス神戸大会(兵庫・神戸常盤アリーナ)で行われたノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチで、女子プロレス界のカリスマ・長与千種(52=マーベラス)に勝利した。

 4面爆破(リング4方向を有刺鉄線で囲んだ爆破戦)は2015年9月12日の新潟大会以来、1年11か月ぶり。公認凶器として電流爆破バット2本も用意され、過酷なルール下で運命のゴングが鳴らされた。

 緊張感あふれる攻防でスタートすると、まずは場外戦へ。すると大仁田は長与のセコンドに就いていた彩羽匠(24)に机上へのパイルドライバーを決めた。これに大激怒したのが長与だ。リングに戻り大仁田の脳天をイスで打ち抜くと、トラースキックで蹴り飛ばし、爆破させることに成功した。

 だがこれで邪道に火をつけてしまい、その後は壮絶な展開が待ち受けていた。大仁田も負けじと毒霧からのイス攻撃を決めると、2人はもつれ合ったまま2度にわたり同時被弾。硝煙が立ち込めるリング上で2人ともダウンした。

 先に立ち上がったのは大仁田だ。立ち上がった長与の腹部に一発お見舞いすると、背中に惜別の一発を放ち、13分28秒の死闘に終止符を打った。

 2015年5月23日の大田区総合体育館大会で初めて長与が電流爆破のリングに上がってから、2人で初代爆破王タッグを戴冠。東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞では、史上初となる男女混合での最優秀タッグ賞を受賞したカリスマタッグが、これでケジメの一戦を終えた。

 試合後、大仁田は「長与さんよ、俺の命の次に大事な電流爆破を継いでくれ!(新設される女子の爆破王座)爆女王を全力でやってくれ!」と訴えた。

 すると、この試合が最後の爆破戦になることを示唆していた長与も呼応。「邪道姫は工藤めぐみだけど、2番目の邪道姫は長与千種です。私がこのチャンピオンベルトを今ここで巻いてもいいですか!? この爆破を一生懸命受け継ぎます!」と絶叫した。

 10月いっぱいでリングを去る大仁田が女子の後継者に認めた長与に電流爆破を託す形で、長い2人のドラマに幕が下りた。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索