【新日本】「ワールドタッグL」強豪2チームが揃って好発進

【新日本】「ワールドタッグL」強豪2チームが揃って好発進

<新日本・アイメッセ山梨(21日)> WTLのBブロック公式戦では、IWGPタッグ王者のランス・アーチャー(40)、デイビーボーイ・スミスJr.(31)組がデビッド・フィンレー(24)、北村克哉(31)組を下して好発進した。

 必殺のキラーボムで北村を沈めたアーチャーは「これは俺たちKESによるキラー・タッグリーグだ。どんなヤツが来ても関係ない」と、堂々たる優勝宣言を放った。また前タッグ王者のレイモンド・ロウ(33)、ハンソン(33)組も真壁刀義(45)、ヘナーレ(24)組に完勝し、強豪2チームが揃って順調なすべり出しを見せた。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索