阪神・鳥谷 屈辱のバントで球団新記録達成

阪神・鳥谷 屈辱のバントで球団新記録達成

 心中複雑とはまさにこのこと!? スタメン落ちが続く阪神・鳥谷敬内野手(36)が18日の中日戦(ナゴヤドーム)で何とも寂しい「金字塔」を打ち立てた。

 鳥谷は1点リードの9回無死一塁、代打で登場。追加点が欲しい場面で当然長打が期待されたが、ベンチの指示は送りバント…。そのサイン通り、鳥谷は捕手前にバントを成功させ、これで藤田平を抜く球団歴代トップの通算2011試合出場の新記録を達成したのだった。

 試合後、鳥谷は「チームが勝ったんで良かったと思います」とだけコメントした。金本監督の恩情で連続試合出場記録は何とか継続中。阪神OBから「もっと鳥谷を使えばいいのに」との声も出ているが、今の鳥谷はそこまで信用されてはいないかも?

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索