左ゴロ併殺…まさかの幕切れに由伸監督ぶ然

左ゴロ併殺…まさかの幕切れに由伸監督ぶ然

<阪神9-1巨人(27日)>まさかのプレーで幕を閉じた。巨人は9回、1点を返してなおも一死満塁から、長野が左翼へ大きな飛球を打ち上げた。

 これを阪神の左翼・中谷が捕球→送球の流れのなかでボールを落球してしまう。三走・岡本はタッチアップで本塁へ向かい、二走・マギー、一走・亀井はそれぞれ完全捕球後の落球との判断で帰塁した。

 だが、審判の判定は、完全捕球ではなく「ノーキャッチ」。ボールは中谷から三塁、二塁へと転送され「レフトゴロ併殺」となってゲームセットとなった。
 明らかな完全捕球後の落球に見えたこともあり、納得できない由伸監督は試合後も審判団に食い下がったが、判定は覆らず。試合後もぶ然とした表情の指揮官は「言いたいことはあるけれど、ここで言っても行き違いがあることなので…」。なんとも後味の悪い敗戦となってしまった。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索