ソフトバンク柳田 G投の内角攻めをチクリ「あんなん当たったら死にます」

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)がG投の執拗な内角攻めに肝を冷やした。

 14日の巨人戦(ヤフオクドーム)の8回、第4打席でマシソンの投じた2球目、顔付近を襲った154キロの直球をのけぞりながらよけた。結局、この打席で空振り三振に倒れた柳田は試合後「あんなん当たったら死にます。(マシソンは)“人殺し”にならんでよかったっすね」とチクリ。

 今カードは初戦の相手先発・山口俊から第1打席に死球を受けるなど、3試合を通して徹底したインコース攻めに遭い9打数1安打に終わった。強打者ゆえの洗礼にも「相手投手がしっかりと内角に投げ切れていた」と、ひょうひょうとしていた。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索