リベラ氏  史上初の満票で米野球殿堂入り

 米国野球殿堂は22日(日本時間23日)、今年の殿堂入りメンバーを発表した。ヤンキースで歴代最多652セーブを挙げたマリアノ・リベラ氏(49)が資格1年目で史上初の満票で受賞した。2017年11月に搭乗していた小型機が墜落して40歳で死去した故ロイ・ハラデー氏も資格1年目で選出。マリナーズで通算2247安打を放ったエドガー・マルティネス氏(56)は資格最終年で願いがかなった。オリオールズ、ヤンキースで活躍した通算270勝右腕マイク・ムシーナ氏(50)は6年目で選ばれた。殿堂入りは全米野球記者協会に10年以上所属する記者の投票で決まり、今回は全425票の75%以上の得票が必要だった。

 リベラ氏は2016年のグリフィーJr.氏の99・3%を上回り、史上初の満票で選出された。レギュラーシーズンだけではなく、ポストシーズンでも最多の42セーブを挙げている。異論はないだろう。ただ、ウスター・テレグラム&ガゼット紙でレッドソックス番記者を務めるビル・バルー氏は昨年12月22日(同23日)の同電子版でリベラ氏に票を入れなかったことを公表。米ヤフー・スポーツは「投票者のスタンドプレーだ」と厳しく批判していた。他の選手にも票を入れず白票としたため、無効票とされたようだ。

 ハラデー氏はア、ナ両リーグでサイ・ヤング賞に輝き、通算203勝をマークし完全試合も達成した。ブルージェイズ時代の2003年3月31日、ヤンキース・松井秀喜氏(44)のメジャーデビュー戦に先発。初回の第1打席で左前に運ばれ、初安打、初打点を献上している。松井氏は当時、「最も打ちにくい投手」と敬意を表していた。

 マルティネス氏は現役時代はマリナーズ一筋で主にDHで活躍。引退後、最優秀DH賞はエドガー・マルティネス賞と改称された。昨年は70・4%で惜しくも届かなかった。ムシーナ氏はメジャー2年目の1992年から引退する08年まで17年連続2桁勝利を挙げ、最後のシーズンは自身初の20勝(9敗)をマークしている。ともに7年目の通算354勝のロジャー・クレメンス氏(56)は59・5%、歴代最多の通算762本塁打のバリー・ボンズ氏(54)は59・1%とまたしても届かなかった。実績は十分だが、現役時代の薬物使用疑惑の影響は大きい。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索