中日・高橋周平が「大島道場」で開花か

中日・高橋周平が「大島道場」で開花か

 中日・大島洋平外野手(31)が13日、大阪府貝塚市内で自主トレを公開した。母校の駒大野球部の同級生でもある土田和楙(かずしげ)パーソナルトレーナーの指導の下で体幹トレーニング、ウエートトレーニングを中心に約8時間みっちりと汗を流した。

 そんな地獄トレに今回、初参加したのが高橋周平内野手(22)。「5年間、放置してなかなか芽が出てこない。そろそろ締め上げないと彼も終わってしまう」と大島のはからいで実現した。自主トレ前は「ついていく自信はあります」と余裕たっぷりだった高橋だが、5日からスタートするとその厳しさにびっくり。「キャンプ前にこれだけ追い込むのかとびっくりした。すごいと思う。全部きついです」と目を白黒させた。

 しかし、そのおかげでこの短期間で恐るべき進化を遂げている。「大きくなったでしょ」と自慢する太ももは明らかに太くなり「背も伸びました」というのはうのみにはできないが、確かに全体的に体も大きくなった。自主トレ前に88キロだった体重は「トレーニングをしているので減っていると思った」ところ実際には2キロ増の90キロ。着実に筋肉が増えている証しだ。土田トレーナーによれば「洋平よりも吸収が早い」という。

 打撃も大島から徹底指導を受け「打ち方にタメができている。間ができている。変わるんじゃないですか」とお墨付きをもらった。高橋も「ティー打撃を打っていて、今まで粘れないところで粘れるようになったと感じる」と手応えを感じている様子。「大島道場」で未完の大器がついに開花となるか。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

17時18分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索