古田敦也氏 高橋優の生歌に感激も野球少年の“進路変更”を心配

古田敦也氏 高橋優の生歌に感激も野球少年の“進路変更”を心配

「第99回全国高等学校野球選手権大会」(8月7日開幕)の熱戦を大会期間中に連日伝えるテレビ朝日系「熱闘甲子園」のイベントが3日、都内で行われ、キャスターを務める野球評論家・古田敦也氏と朝日放送のヒロド歩美アナウンサー、番組のテーマソングを担当するシンガー・ソングライターの高橋優が出席した。

 プロ野球ではヤクルトに在籍し、通算2097安打を放った古田氏だが、高校時代は甲子園出場を果たせなかった。

「憧れても行けない場所だったんで、プロに入って、阪神戦だったんですけど(甲子園に)行けてね。『土持って帰ってええんかな』とか、そんな話をしてた」と選手時代を振り返った。

 高橋がステージでテーマソングの「虹」を生で披露すると、古田氏は「やっぱり生はすごいね」と絶賛。イベント会場には野球少年たちが大勢詰めかけたが、「みんなが『ミュージシャンの方がいいな』と思っちゃったらどうしよう」と苦笑した。

 同番組は大会初日の7日から決勝戦まで毎日、午後11時10分(土曜のみ11時5分)から放送される(休養日、全試合中止の日は休止)。

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索