西武26年ぶり12連勝 辻監督「菊池は頼もしい投球」

西武26年ぶり12連勝 辻監督「菊池は頼もしい投球」

 西武が3日の楽天戦(メットライフ)に8—1と快勝し7月21日の日本ハム戦(札幌ドーム)から4カード連続のスイープ(全勝)。1991年8〜9月以来、26年ぶりとなる12連勝を飾った。

 貯金を今季最多18とし2位・楽天と4ゲーム差にした辻監督は「プレーボールして見事なホームラン。あれでみんな『行ける!』という気になった。(3安打3打点の山川も)フルスイングしているように見えて、追い込まれたらコンパクトにしっかり打っている。そこが彼の成長じゃないかな。菊池は力むことなく腕も振れていたしコントロールもよかった。完投はできなかったけど頼もしい投球だった」と投打がガッチリかみ合った試合を振り返った。

 日本ハム、オリックス、ロッテ、楽天に全勝し4日からはここまで5勝10敗と負け越している首位・ソフトバンクとの3連戦を迎える。指揮官は「明日も1試合を勝つためにどうするか。選手が一生懸命やってくれると思います。今の選手は頼もしいですし、明日もいいゲームをしたい」と気負いはなかった。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索