阪神延長ドローで自力V消滅 金本監督「そんなん別にええよ」

阪神延長ドローで自力V消滅 金本監督「そんなん別にええよ」

 2位の阪神が3日の首位・広島戦(マツダ)で延長12回の末、55で引き分け、自力Vが消滅した。

 試合は初回に4番ロジャースの適時打などで4点を先制したが、9回3点リードで登板した守護神ドリスがまさかの乱調で同点に追いつかれ、そのままドローに終わった。

 終盤の暗転劇に金本監督は「ドリスがひっくり返されて一気にいかれると思ったが、(同点で)よく踏みとどまった。この3連戦、五分でよくやったというのが正直なところ」と振り返り、自力V消滅には「そんなん別にええよ」と無関心を決め込んだ。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索