中日・バルデス7勝目ならず「失投は見逃されなかった」

 中日のラウル・バルデス投手(39)が4日の巨人戦(東京ドーム)に先発。5回7安打3失点で7勝目はならなかった。

 初回、陽岱鋼外野手(30)に先頭打者本塁打を浴び先制を許す。2回、ダヤン・ビシエド外野手(28)の18号ソロで同点となったが、その裏、先頭の長野久義外野手(32)にソロを浴びて再び勝ち越された。

 バルデスは「ホームランを2本打たれたが状態は悪くなかったと思う。ただ打たれたのは球が少し高かったと思う。失投は見逃されなかった」と振り返った。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索