“主要取引先”日本ハムからトレード話なかった巨人

“主要取引先”日本ハムからトレード話なかった巨人

 巨人が4日の中日戦(東京ドーム)に延長10回、5―6で競り負けた。打線は4本塁打を放ち、5試合連続の2桁安打となる12安打を放ったが、最後は抑えのカミネロが勝ち越しを許した。

 序盤から点の奪い合いとなったシーソーゲームの中で、注目を集めたのが中日が日本ハムから金銭トレードで獲得した谷元圭介投手(32)の移籍後初登板。巨人サイドには7回にマウンドに上がった谷元の姿を、複雑な心境で見つめる関係者も少なくなかった。

 谷元は今季、日本ハムでセットアッパーを担い、36試合で防御率3・31と安定した成績を残していた。日本ハムの決断は球界を驚かせたが、実は巨人にとっても寝耳に水の出来事だった。フロントの一人によれば「今回はウチにトレードの持ちかけはなかったと聞いている」という。

 中日のブルペン事情も苦しいが、中継ぎ陣の整備に悩んでいるのは今季の巨人も同じ。結果的に支配下登録の枠は育成選手で埋めたが、実績ある谷元なら、課題だった“7回の男”にピタリとはまる。それだけに巨人のフロントは「実際にトレード話があったとしても成立したかはわからない。それでも、話がなかったというのはね。(谷元が中日のお膝元の)三重出身だったからなのかもしれないけれど…」と微妙な表情を浮かべた。

 近年の巨人にとって、日本ハムは“主要取引先”だった。昨オフも大田、公文と吉川光、石川の2対2のトレードを行ったほか、数々の人的交流で関係を深めてきたが…。谷元の電撃トレードはそうした関係に変化がある兆しなのか、オフ以降の動きが注目される。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索