オリックス・モレル今季限りで引退 父親のブドウ農園を継ぐことに

オリックス・モレル今季限りで引退 父親のブドウ農園を継ぐことに

 オリックスのブレント・モレル内野手(30)が今季限りで野球を引退し、米国で父親の営むブドウ農園を継ぐことになった。

 26日、長村球団本部長がモレルと契約しないことを発表。本人は「もう野球は完全燃焼した」と話したという。

 来日2年目の今季は38試合に出場し、打率2割7分6厘、1本塁打、11打点。ロメロ、マレーロの活躍で出場機会に恵まれず、7月1日に出場選手登録を抹消されていた。

 27日に帰国することになり、長村本部長は「モレルの作ったブドウをコストコで買うわ、と言うたんです」と笑顔で話した。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索