巨人・村田に戦力外通告 出場機会減少し規定打席に届かず

巨人・村田に戦力外通告 出場機会減少し規定打席に届かず

 巨人は13日、村田修一内野手(36)に対し、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

 村田は2012年に横浜(現DeNA)から国内FA権を行使して巨人へ入団し、3度のリーグ優勝、12年の日本一に貢献。昨季は三塁レギュラーとしてチーム唯一の全試合出場を果たし、ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞した。

 しかし、今季はマギーの獲得により開幕スタメンから外れるなど、出場機会が減少。後半戦から三塁に定着したが、規定打席には届かず、118試合で打率2割6分2厘、58打点、14本塁打の成績だった。

 村田は2度目のFA権を保持しているが、今季の推定年俸2億2000万円はBランクとなり、権利を行使した場合も獲得球団は金銭に加え、人的保障が必要だった。しかし自由契約となれば、移籍への障壁は低くなる。

 シーズン終了後、村田は本紙の取材に対し「1年契約である以上、来年どこのチームでやるかは分からない」としていた。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索