阪神・金本監督 スパルタ管理一転 放っ“虎”かしオフ宣言

阪神・金本監督 スパルタ管理一転 放っ“虎”かしオフ宣言

 これも鉄人流の“アメとムチ”か。追い込み系スパルタ指導を展開してきた阪神・金本知憲監督(49)が21日、今オフの選手らの過ごし方に一転して「放任主義」を導入した。昨季の4位から2位に浮上。優勝を狙う勝負の3年目を前に指揮官に何があったのか…。

 金本監督は「オフは一番差が出る時期。続けて練習をやっていけば来年に結びつくし、何もやらなければゼロになるが、やる、やらないは自己責任。ノルマ設定はない。去年、一昨年である程度言ってきているし、選手は分かっていると思う。あとはあなた方が自分でやっていくだけということ」と方針転換を明かした。

 勝負の3年目シーズンを迎える指揮官にとっては異例ともいえるオフ発言。昨年のこの時期は若手ナイン全員に「体重×2倍の重さ」をスクワットで上げる“筋力増ノルマ”が課せられ、翌年春のキャンプインの測定でそれがクリアできないと「二軍に行ってもらうこともある」(金本監督)と強制送還も辞さない姿勢だった。今秋季キャンプでも野手に連日1000スイング、投手陣にも徹底した走り込み量を課すなどスパルタ全開。恐らく今オフもさらに厳しいものとなるのが予想されていたのだが、一体どうしてなのか。

 あるフロント幹部は「チームを2年率いてホップ、ステップときて、今度はやらせるばかりではなく、選手の自主性にかけたということ。監督はもともと厳しければいいという考えではない。(今季退任した)掛布二軍監督が言う選手の自主性重視も理解している。よく『今の選手には練習だけでなく教育が必要』と言っているし、選手に自分で考えさせることが一番大事なことと考えている。去年のようなノルマをかけないのは選手もうれしいかもしれないが、サボると落とし穴が待っている」と指摘した。

 金本監督との「野球観の違い」も災いして掛布二軍監督は今オフ、フロント入りしたが、互いに無名からはい上がったスター選手同士、考え方の底辺は同じ。あとは若手ナインがサボらないことを祈るばかりだ。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索