【ブリヂストン招待】松山自嘲コメント「腕がさびている」

【オハイオ州アクロン2日(日本時間3日)発】男子ゴルフの世界選手権シリーズ(WGC)「ブリヂストン招待」(3日〜、ファイアストーンCC)に向け、松山英樹(25=LEXUS)は谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)と9ホールを回り最終調整した。初日、2日目は世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(33=米国)、「全米オープン」覇者ブルックス・ケプカ(27=同)と同組でプレーする。

 松山は最終日に失速して14位に終わった「全英オープン」以来の出場。大会後は約1週間、クラブを握らずに過ごし「クラブがさびていないか心配だったが、自分の腕がさびている」。現地でも調子が上がらず、自嘲気味に話す。シーズン終盤を迎え、賞金ランク、ポイントランクともに3位。初タイトルのチャンスにも「勝てるなら『狙います』って言うけど。昨年末くらい(の調子)だったらなあ」。自ら「好調」と口にすることが少ない松山だけに、試合が始まってみなければ分からないが…。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索