【全豪OP】大坂なおみストレート勝ちで4強 日本女子では25年ぶり

【オーストラリア・メルボルン23日発】テニスの全豪オープン第10日、女子シングルス準々決勝で第4シードの大坂なおみ(21=日清食品)が第6シードのエリナ・スビトリナ(24=ウクライナ)に6―4、6―1でストレート勝ちした。日本女子のベスト4進出は25年ぶり。

 互いにサービスゲームをキープして迎えた第1セット第6ゲーム、大坂が先にブレークに成功すると、スビトリナは直後の第7ゲームでブレークバック。5ゲーム連続のブレーク合戦の末、大坂が6―4でこのセットを取った。

 第2セットは大坂が5ゲームを連取するなど圧倒。大会後の世界ランキングで男女を通じて日本人初の3位以内に入ることが決まった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索