【全豪OP】錦織無念の棄権で4強入りならず ジョコビッチ「深刻なケガでないことを祈る」

【オーストラリア・メルボルン23日発】テニスの全豪オープン準々決勝、第8シードで世界ランキング9位の錦織圭(29=日清食品)は第1シードで世界1位のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)と対戦したが、第2セット途中で無念の棄権。全豪オープン初のベスト4進出はならなかった。

 やはり5時間を超える激闘となった2日前の試合の疲労は、確実に錦織の体をむしばんでいた。第1セットはジョコビッチのサーブでスタート。第1ゲームをラブゲームで落とした錦織は、第2ゲームで先にブレークを許してしまう。

 0―3で迎えた第4ゲームを初めてキープしたものの、第6ゲームでは2つのダブルフォルトでリズムを崩して再びブレークを許した。結局、1―6で第1セットを奪われた錦織は、しきりに右太ももを気にするしぐさを見せ、第1セット終了後には仰向けになってトレーナーの処置を受け、顔をゆがめた。

 そして迎えた第2セットでもストロークミスが目立った。ラリー戦でボールを追えないほど、右足は深刻な状態となっていた。第5ゲームをブレークされ、1―4となったところで錦織は無念のリタイア。これで天敵・ジョコビッチには15連敗となり、またしても大きな「壁」の前に涙をのんだ。

 試合後、ジョコビッチは「ケイとの戦いは大好き。彼が回復することを願う。深刻なケガでないことを祈ります」とねぎらったが、4大大会初制覇を目標に掲げている錦織にとって、今後も「打倒ジョコビッチ」が大きなテーマになりそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索