【森保ジャパン】平成最後のA代表戦で香川先発へ

 サッカー日本代表の森保一監督(50)が25日、神戸市内で、国際親善試合ボリビア戦(26日、ノエスタ)の公式会見を行った。

 指揮官は「どの試合も勝利を目指して戦うのは変わりない。直近の試合(22日)はコロンビアに敗れている。試合の最善の準備をしてベストなものを出して戦いたい」と意気込みを語った。

 ボリビア戦の先発については「できれば招集した全選手を使ってあげたい。(コロンビア戦から)総替えで戦うつもり」と明かした。地元出身のMF香川真司(30=ベシクタシュ)が“凱旋先発”することが濃厚だ。

 ボリビア戦は平成最後のA代表戦となる。1998年のフランス大会ではW杯初出場を果たし、それから6大会連続出場するなど日本サッカーが大きく飛躍した時代。森保監督は「平成の(日本)代表は世界の中でも急成長した。日本のサッカーに多くの方が尽力したから今がある。これまでのサポートに敬意を払いたい」としみじみと語った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索