三沢で市街劇、テラヤマの世界を満喫

三沢で市街劇、テラヤマの世界を満喫

 絶叫する黒服の集団、手旗信号を送り続ける少女、チョークで道路に短歌を書き殴る人−。寺山修司の独特の世界観を表現した「幻想市街劇『田園に死す』三沢篇」が6日、7時間にわたって青森県三沢市内各所で繰り広げられた。短歌、俳句、詩、舞台のせりふと、街中に寺山の言葉があふれ、県内外から訪れた観客たちは街をさまよいながら、日常と虚構が混在する「テラヤマワールド」を堪能した。【写真説明】大勢の観客が見守る中、プロローグで次々と意表をつくパフォーマンスを繰り広げる出演者=6日正午すぎ、三沢市中央町

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

東奥日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索