閉店の老舗「田中屋」店舗残す方向で調整

閉店の老舗「田中屋」店舗残す方向で調整

 創業120年の老舗で、閉店が明らかになった青森県弘前市元寺町の津軽塗製造販売・田中屋(田中久元社長)は9日、同店舗2階の「田中屋画廊」で債権者説明会を開いた。田中社長らは資金繰りに行き詰まって7日付で閉店したことを報告。また城下町のシンボル的な存在となっている店舗を残すため、破産を避ける形で市物産協会と調整していることなどを明らかにした。【写真説明】7日付で閉店し、債権者説明会を開いた田中屋。入り口には閉店を知らせる張り紙が掲げられた=9日午後4時半ごろ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

東奥日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索